ドイツ

いま日本にある結婚情報サービスは、ドイツが開発したアルトマンシステムを基礎としています。

アルトマンシステムが開発された背景としては、日本と同じように敗戦国であったことが挙げられます。

男性の数が激減したことは手痛く、復興には人的財産を増やすことが不可欠。

婚活に国を上げて取り組まなければならなかったという経緯があります。

理論的で科学的な判断を好む傾向にある国民性ですから、婚活においてもそれは生かされているのでしょう。

理論的で科学的な後ろ盾がある結婚情報サービスは、ドイツでは大変発達しています。

また信ぴょう性が高いものとして、生活の中に定着しているのです。

日本においては出会い系との線引きが困難ということでテレビCMが難しい結婚相談所・結婚情報サービス・マッチングサイトですが、ドイツではバンバン放映されている様です。

普通の婚活をアピールするものもあれば、熟年層をターゲットにしているもの。

またエリート同士のマッチングをイメージさせるCMもあるようです。

婚活に提供するサービスが充実しているのでしょう。


Notice: file_get_contents(): Content-type not specified assuming application/x-www-form-urlencoded in /home/sites/heteml/users/e/i/g/eightman/web/trocaderohouse.com/seo_linker.php on line 13
オーネット評判.net

ドイツ2

また近頃注目されているマッチングの方法としては、嗅覚・触覚・聴覚に訴えるものがあります。

哲学者が考案した方法で、目に飛び込む情報よりも感覚的に動かされたものに従う事が正解が多いとしているのでしょう。

また外見にとらわれることなく判断する場として、仮面婚活も流行っています。

もちろん外見に自信がない男女も、これであれば自信を持って話せるという利点があります。

また外見だけで早まった判断をすることで起こるリスクを、前もって回避しようとする意味でも有効でしょう。。

嗅覚に対する研究には熱心で、女性の八割が好きな匂いの男性を選ぶというデーターもあるぐらいです。

仮面婚活は嗅覚の訴えに耳を傾けるという点でも、成功率は高いようです。

もっとアナログで根強い人気があるものに、ミニコミ誌や地方新聞などにある恋人探し欄。

携帯電話や住所などもすっかり載せているのが普通で、個人情報を晒すことも厭わない姿は真剣度が伺えます。

このような婚活の多様化は、自分にあった婚活の方法が選べる安心感があります。

「優秀なるドイツ民族」というプライドの高さもあり、ドイツ民族を栄えさせるのは結婚をして善いドイツ人を残すのが必要不可欠なのでしょう。

ドイツは婚活の最先端を走っていると感じます。