フランス

結婚の形態が籍を入れない事実婚が主流のフランスですから、婚活というよりも恋人を探すことが重要のようです。

映画で観るような街角での出会いはロマンチックですが、よくあることではないとのこと。

もし街角でウィンクをされたりモーションを掛けられたとしても、男性側に他意あるわけでもない。

ただ女性がいればそうするのが、男性からの女性に対する礼儀の一つなのだそうです。

本気で興味があれば、もっとハッキリしたアプローチなのでしょう。

歳を経た女性にたいする男性の扱いにも、フランスはステキです

女性は若ければ若いほどいいと、若さ至上主義が当然のことのようになっている国が多い中。

フランスは、年齢で女性を蔑視することはあまりありません。

その時その時の魅力があるものだと、そこを認めてくれるのです。

日本からの未婚女性が婚活目的でフランスを訪れるのが多くなったのも、頷ける話です。

しかしそこにはちょっとした落とし穴もあるようなのです。


Notice: file_get_contents(): Content-type not specified assuming application/x-www-form-urlencoded in /home/sites/heteml/users/e/i/g/eightman/web/trocaderohouse.com/seo_linker.php on line 13
神戸でお見合いパーティー

フランス2

経済的にまた精神的にも自立している女性が多いのがフランスですから、事実婚は女性の側にとっても自由が効くといった意味で有意義なのでしょう。

しかし「結婚」を目的としてしまった場合は、フランス男性のマイナス面が目立ってしまう場合もあるのだとか。

たとえば親離れが出来ていなかったり、無類の浮気性であったり、倹約家過ぎるだとか。

事実婚としてお互いが自立しているときにはさほど露見しなかったことやリセットも簡単であったものが、結婚してしまった後では大問題なのです。

ですから子どもが欲しければ結婚にとらわれず生みますし、いくつになっても結婚がしたければ年齢に関係なく結婚します。

また結婚をしないことを選択している人に対して、干渉することもしません。

万事が自由を重んじる国風なのでしょう。

では出会いとしてはどのような機会があるのでしょう。

これが「さすがフランス」と言いたくなってしまうものですが、「生活全てに出会いはあるのになんでわざわざ出会いの場を設けなければならないの?」というのがフランス流のようです。

となれば合コンなどはありませんし、例えば何かの集まりに婚活目的で参加するということもないようです。

普通に歩いていても興味がそそられる異性がいれば、女性からでも声をかけます。

婚活という意識は薄くても、恋愛には積極的というのがフランスなのです。