スペイン

スペインでの婚活は、あまり盛んではないようです。

夜な夜なディスコテカといわれる、バーのような場所でのハンティングが主流だとよく聞きます。

もともと男性が積極的なお国柄ですし、女性も情熱的。

結婚を追うよりも、愛に生きるという感じでしょうか。

家族から口うるさく結婚を焦らされることもない様子。

もし家族が失恋でもしようものなら、まるで腫れ物にでも触るような扱いで「そっとしておく」もののようです。

これは返って婚期を送らせてしまいがちです。

結婚の楽しさは結婚してみないと解らないのが正直なハナシで、「結婚したくない」という若者をほっとけない世話焼きがいてこそ次なるステップに踏み出せるものかも知れないのです。

また「愛を語る」事に長けていますから、始めから結婚を目的とした婚活は受け入れがたいと考えてもいるように思えます。


Notice: file_get_contents(): Content-type not specified assuming application/x-www-form-urlencoded in /home/sites/heteml/users/e/i/g/eightman/web/trocaderohouse.com/seo_linker.php on line 13

スペイン2

結婚式のパーティーが最大の婚活の場のようです。

結婚式は日本のように短時間ではありません。

昼頃から始まって、夜明けまで続くのが当たり前のようです。

テーブルも独身者席としてまとめてありますから、ここが大きな出会いのチャンスとなります。

ホテルで1泊するのが普通ですから時間はいくらでもある。

深く知り合うチャンスは転がっているのです。

楽しい場での出会いは肩の力が抜けて、お互いが好印象を得やすいものなのでしょう。

欧米社会の婚活への考えかたで素晴らしいことは、結婚して幸せを得た人が独身者の出会いを応援することに配慮するということでしょうか。

ホームパーティーを開くというのも、出会いの場を提供する一つです。

「紹介はある程度責任を負うことになるから」と日本では兎角敬遠しがちですが、自己責任と割りきって出会いの場は設けるというのは有益だと思うのです。

こういった面では、紹介する側も紹介される側も欧米諸国に学ぶところが多いのではないでしょうか。

その他ネットでの出会いの活用もあるようです。

またイベント情報の掲示板などで、出会いを目的としたパーティーや飲み会の情報をチェックして参加するというものも婚活です。